Viewing 6 posts - 1 through 6 (of 6 total)
  • Author
    Posts
  • #4665 Reply
    松山智洋
    Guest

    こんにちは。大学院時代の論文について質問なのですが、
    カンボジアについて書いた経緯について教えていただけないでしょうか?

    #4666 Reply
    Ippei Tsuruga
    Keymaster

    ありがとうございます。学部時代にカンボジアを支援しているNGOでボランティアをしていたこともあり、もともとカンボジアに対する関心と予備知識がありました。大学院のコースは1~2週間で5,000単語(日本語換算20,000文字)を書き上げなければならないので、自分が予備知識を持っている国について書くことが最も効率が良いという事情もあります。

    #4695 Reply
    松山智洋
    Guest

    返信ありがとうございます。なるほどそういう背景があり、書いたのですね。大学院時代に論文やエッセイですが、どのようにエッセイの書き方を学んだのでしょうか。それと経歴を見させて頂いたのですが、プレッセッショナルで学んだ書き方の知識だけでさらに上の院でのエッセイにも応用が効いたのでしょうか?

    #4696 Reply
    Ippei Tsuruga
    Keymaster

    ありがとうございます。学部在籍時にニュージーランドに半年間語学留学したことがあり、そこでアカデミックライティングのコースも履修しました。また、イギリスの大学院へ入学する前に大学側が開講する英語コースでも3か月学びました。英語が全くできなかったので、私の場合はかなり遠回りしました。ただ、日本の大学を卒業してすぐにイギリスの大学院へ進学した知人も多いので個人差があると思います。また、私の場合は大学卒業後すぐに進学したので、実務経験はありませんでした。実務経験がエッセイに生きたかどうかという質問には応えられないのですが、JICAや開発援助機関で数年勤務していた方などは要領よくエッセイを書いていましたね。

    #4697 Reply
    松山智洋
    Guest

    Referenceはどのように探していました。大学の教授から参考文献を教えていただいたのか、それとも大学などの提携のe-libraryなどから探していました?もし後者で2週間でその分量を書き上げるのはとても大変だと想像つきますし、もしかしたら対応する文献が見つからない場合もありますよね。

    #4698 Reply
    Ippei Tsuruga
    Keymaster

    もちろん大学院の先生に助言いただくことになりますし、コースごとの文献リストもあります。たとえば、サセックス大学大学院の1科目の文献リストをご覧ください。

    http://readinglists.ids.ac.uk/list.php?list_id=19

    ただ、開発学を履修する場合は特定の国を選んで書くこととなると思いますので、その際には自分で文献をゼロから探すことになります。今はインターネットが発達しているので、図書館で文献を探す人は少ないかもしれませんね。

Viewing 6 posts - 1 through 6 (of 6 total)
Reply To: 学術英語の学び方
Your information:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">