アルドハイルの投資と中島選手の移籍

サッカー海外組を自分に重ねてみることが多いという話はこれまでも随分書いてきた。中島選手がポルトへ移籍し、10番を背負ってプレーしている。

今回はアルドハイルの投資について考えてみる。

3500万ユーロを投資。在籍0.5年の人件費175万ユーロ。1200万ユーロで50%の保有権を利確。現時点で2475万ユーロの含み損。ポルトで価値が高まり契約解除金上限で利確できた場合、4000万ユーロ。1525万ユーロの利益。

実際にはグッズ販売益もあり、ポルト在籍期間中の人件費もゼロと仮定すると悪くない取引。カタールで中島選手が活躍を続けるより、ポルトで活躍するほうが市場価値は高まるため、アルドハイルとしては投資回収リスクをかなり下げることができたのでは無いだろうか。

中島翔哉、契約解除金は約97億円。クラブ史上2番目の高額設定に

中島翔哉【写真:Getty Images】  日本代表のMF中島翔哉は現地時間5日、ポルトガル1部のポルトに加入することが決定した。同国メディア『O JOGO』などが、取引の詳細を伝えている。  これによると、ポルトはアル・ドゥハイルに1200万ユーロ(約14億5000万円)を支払い、選手の権利の50%を獲得する。 …

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 3 =