#19564
Ippei Tsuruga
Keymaster

私もミッドキャリアになる歳になってしまいました。今振り返ってみると、大学時代は生き急いでいたような気がします。私も同じように考え、どのようなキャリアを形成して、いつ大学院へ行ったら最短でゴールへ到達できるか考えていました。ただ、今考えるとゴールすらもあやふやだったのに、その瞬間を精一杯生きていたのか、若干疑問に思う節もあります。

過去の返信でも類似の質問へ様々な角度から回答していますので、いくつか参考にしてみてください。ご質問に対する直接の回答はできません。ただ、私が言えることは、日本の新卒採用は、社会人としての立ち振る舞い・常識を教えてもらえる良い機会だということです。国際機関で仕事をしていますが、新卒から6年過ごした日本での社会人経験で鍛えられた基礎が今の仕事に生きています。

大学院へ行くタイミングや分野など、今の段階で心が決まり切っていなければ先送りにしてみてもよいし、同時に就職活動をしてみるのもの良いと思います。すべて同時並行に進め、結果が出たものから順に判断していけばよいというスタンスでこれまでやってきました。

最後に、国際機関には様々なキャリアを歩んできた人がいます。日本の民間企業での経験がどのように生きるか。人それぞれだと思います。実際に、商社、メーカー、外資系・日系コンサル会社、NGOなど、様々なキャリアの人が周りにいます。唯一共通していることは、英語だけはしっかりやるということです。

  • This reply was modified 8 months, 3 weeks ago by Ippei Tsuruga.