Viewing 4 posts - 1 through 4 (of 4 total)
  • Author
    Posts
  • #7086 Reply
    谷口広樹
    Guest

    敦賀様

    お世話になります。谷口です。
    本日は日本人職員の強みについて
    ご教示頂きたく、連絡致しました。

    現在、コミュニケーションの分野で
    国連を目指していますが、やはり英語が
    母国語の人が強いようです。当然ですよね。

    そこで教えて頂きたいのは
    国連全体で日本人職員の強みを感じたことは
    あるでしょうか?
    もし宜しければご教示ください。
    少し自分の強みを見失っております。

    谷口

    #7090 Reply
    Ippei Tsuruga
    Keymaster

    投稿頂きありがとうございます。コミュニケーション分野については専門ではありませんが、印象でお答えします。

    本部で目にする広報担当の方は、たしかにネイティブのイギリス人などが多い印象を持っています。自分でカメラの前に立ってリポートしたり、ビデオにナレーションを入れたり。あくまで想像の域を出ませんが、インフォグラフィックスを作成したり、データを見せるのが得意だったり、広報企画が得意だったり。コミュニケーション分野でも活躍できる分野はたくさんあるような気がします。英語が流ちょうに話せることが大前提になるようなポストで、ネイティブと競合するような仕事を選ぶと難しいかもしれませんね。

    ILOで働いていて感じるのは、マネジメントやコーディネーション(調整)能力に関しては、日本人の右に出る者はいないです。おそらく、教育から来る特性だと思います。欧州出身で国際機関で働きたい人の多くは、特定の専門分野でPhDを持っていて、その分野の専門性をいかした仕事をしたいと考えているようです。そういった職場の場合は同様のマインドセットの職員が評価されるので、必然的にPhD持ちで専門分野の知識重視の仕事スタイルになっています。一方、日本のようにチームで物事を企画して、ひとりひとりが歯車になって大きな物事を着実に動かしていく。そういった仕事スタイルの職場に当たれば、日本人は活躍できると思います。

    ここでの問題は国際機関が西洋の機関だということです。誤解を恐れずに言えば、国際機関では上辺だけは「多様性」を重視すると言っていますが、実質的には西洋文化が濃いです(そもそも英語やフランス語が公用語になっている時点で西洋寄りですよね)。したがって、上司や多くの同僚はチームで働く日本の企業文化ではなく、個人の力でゴリゴリ仕事を進めていくスタイルの人が多い気がします。こういう環境だと、先ほどの申し上げたような、日本人の生まれながらに持った特性はいかしにくいですよね。

    #7091 Reply
    谷口広樹
    Guest

    敦賀様

    お世話になります。
    ご教示ありがとうございます。
    現場の厳しさが伝わってきます。

    ちなみに国連の仕事は欧米でも
    人気職なのでしょうか?周りの
    イギリス人やフランス人に以前聞いた時、
    国連の仕事に関心がなさそうでした。
    英語やフランス語ができるのに、なぜ
    と思った記憶があります。

    もしその辺り詳しければご教示いただけると
    幸いです。

    #7092 Reply
    Ippei Tsuruga
    Keymaster

    日本人にとって全国転勤がある公務員になりたいですか?と聞くのと同じような感じなのではないでしょうか。国連で働くことが夢のように語られるのは、日本だけのような気もします。イギリス人やフランス人の同僚にとっては、国連も就職の一つの選択肢に過ぎない印象を受けました。あとは、人道援助に関心があれば、国連でしかできない仕事も多いので、それも理由になるかとは思います。

Viewing 4 posts - 1 through 4 (of 4 total)
Reply To: 国際機関での日本人職員の強みに関して
Your information:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">