外部メディアに掲載された記事の一覧です。

社会保障の未来を議論する政労使会合、ASEAN諸国

この記事はThe Povertistに投稿されたものです。

バンコクで開催された第15回ASEAN労働高級事務者会合(Senior Labour Officials’ Meeting: SLOM)にあわせ、ILOは「社会保障の未来」を議論する政労使会合をASEANと共催しました。

東南アジアの社会保障の未来を考える

この記事はThe Povertistに投稿されたものです。

月4日、東南アジアの政府、労働者、使用者の代表がバンコクに集います。仕事の未来を更に掘り下げ、「社会保障の未来」を議論する機会を設けました。

社会保障改革を進めるアジア

この記事はThe Povertistに投稿されたものです。

開発途上国における社会保障政策は、その他の経済・社会政策と比較して後手に回りやすい分野である。社会保障制度は税と保険料を財源とするが、支払い能力の乏しい自営業・零細企業が大多数を占める環境では財源確保が難しい。

被災するインドネシア、地震と失業と雇用保険

この記事はThe Povertistに投稿されたものです。

インドネシアで地震による被害が拡大している。この国で社会保障整備を仕事としている身としては、どこかのタイミングで災害と社会保障についてプレゼンせねばと思っている。

国連機関邦人職員インタビュー 国際労働機関(ILO) 敦賀一平さん

ジュネーブ時代の同僚にインタビューしてもらったので、緊張感の無い話になってます。話し言葉なので若干読みにくいかもしれませんが、全文ノーカットです。 さらに読む

今、戦場に立っている

この記事はThe Povertistに投稿されたものです。

今、戦場に立っている。戦の狼煙があがれば、政府、労働者、使用者が四方八方から一気に攻め込む。国際労働機関(ILO)は政策論争と政治の駆け引きが入り乱れる戦場のど真ん中に陣を構える。その役割は喧嘩の仲裁ではなく、全員が勝つための戦略を一緒に練ること。

雇用保険制度の導入を議論するインドネシア

この記事はThe Povertistに投稿されたものです。

インドネシアで雇用保険制度の導入が議論されている。現在の社会保険制度は、労災補償、死亡保障、年金保障、老齢保障の4本立てとなっており、労働社会保障機関(BPJS Employment)が実施を担っている。ここに5本目の柱として雇用保険制度を新たに導入するための議論が展開されている。

ベトナムの社会保障・社会保険改革のポイント

この記事はThe Povertistに投稿されたものです。

2018年5月、第12回ベトナム共産党中央委員会(CPVCC)が開催された。主な議題は社会保険改革に関するマスタープラン(Master Plan on Social Insurance Reform: MPSIR)で、第28号決議案が採択された。同決議は社会保障カバレッジを段階的に拡大し、すべての国民が社会保障の恩恵をあずかることを目指している。

事業報告 2018年12月期(第1四半期)

この記事はThe Povertistに投稿されたものです。

2018年12月期(第1四半期)の事業報告です。詳細については、媒体資料 2018年12月期(第1四半期)をご参照ください。

開発途上国の移民と難民に対する社会保障政策:研修案内

この記事はThe Povertistに投稿されたものです。

国際労働機関(ILO)が短期研修プログラム「移民・難民に対する社会保障政策(Extending social protection to migrant workers, refugees and their families)」を開講する。移民労働者は世界に2.4億人いるとされる一方、その内の1.5億人は社会保障に加入することができていない。