国際協力を生業としていますが、仕事以外の部分を書いていきたいと思います。国際協力仕事人はどのような私生活を送っているのか。何を考え、キャリアを選択しているのか。様々な角度からコラムを書くことで、国際協力がより身近になればと考えています。

外務省のYouTubeチャンネルが最近いい感じにぶっ飛んでいる

お堅いことで有名な外務省。

私も何度も霞ヶ関にはお邪魔していますが、古き良き昭和の匂いが漂う雰囲気がそこにはあります。 さらに読む

アイデアに価値が無くなった時代の生き方

UBERが成功したのはなぜだろうか。

そう考えることが時々あります。 さらに読む

国際協力業界でのキャリアアップとリスクテイク

国際協力業界の知人からメールをもらって、目が覚めた思いがしました。

JICA職員のようなごく一部を除いて、国際協力業界のキャリア構築は転職と就活の繰り返しとなります。 さらに読む

組織力は日本人に備わった天性の才能

Yahooニュースに流れてきた動画を見ていて、朝から驚愕したのでこの感動をお伝えします。

それと同時に、組織力と個人力について考えるに至ったので、少しそのあたりも語りたいと思います。

難しい話ではありませんので、最後までお付き合いいただければ幸いです。 さらに読む

私の国連インターン時代、ILOが有給インターン募集中

こんにちは、敦賀(@IppeiTsurugaJP ‏)です。

私が勤務する国際労働機関(ILO)がインターンシップの募集を開始しました。

私の部署である社会保障局(Social Protection Department)も複数のポストで公募しているようです。 さらに読む

その分野、今日からあなたが第一人者です

こんにちは、敦賀(@IppeiTsurugaJP ‏)です。ここ最近、The Povertistの更新頻度が落ちています。

ILOの社会保障局が発行する刊行物の原稿締め切りが近いため、修士論文の締め切り間近の学生のような生活をしているためです。

さらに読む

ASKAさんに見る個人ブランド時代の到来

CHAGE and ASKAのASKAさん。

私が初めて行ったライブはチャゲアスです。ここでも何度も書いてきましたが、私の人生にはいつの時代もチャゲアスが側にいました。 さらに読む

終わりなき海外生活が続くとYouTubeが日本との繋がりになる

今回は下世話な雑談になります。

本当にしょうもない話ですので、国際協力にご関心のある方は、今日はここまで。また明日お会いしましょう。 さらに読む

異性と働く際に意外に辛いのはニオイ

この仕事をしていると女性と一緒に仕事をすることが本当に多いです(特に海外勤務の場合)。男尊女卑などなんのその、私の経験では男性が少数のことのほうが多いです。 さらに読む

貧困のレンズを外すと道はずっと遠くまで続いていた

国際労働機関(ILO)で社会保障政策に携わるようになって変わったことが一つあります。

貧困からの脱却です。 さらに読む