Jリーグから見る日本と世界の働き方の差

TBSの中東支局長の現地取材シリーズは、いつも興味深いですね。和訳が国家承認になってしまっていますが、政府承認について聞いているところなど即興での質問力は現場力なのでしょうね。

サッカーを見ていて思うこと。Jリーグでは良いプレーをする人、フェアプレーをする人が評価される。プレミアなどの欧州リーグでは、決定力がある人が評価される。Jリーグの外国人選手は決定力を求められる。

僕らの仕事に置き換えると、チャンスが来たら確実に決める力が大切。8割の出来でも確実に期日まで仕上げる。惜しいシュートでも、タイムアップ後のゴールも意味はなく、時間内に泥臭く確実に仕上げることの積み重ねで、また声がかかる。外国人労働者たる僕らの宿命。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

two × three =