インドネシア労働組合と会合

労働組合と会合。議論の内容については、英語でしかまとめていませんが、DeeplのAIの力で日本語にしました。

労働組合と活動計画について話し合う。社会保障に関する労働者の関心は以下のとおり。

  • 失業保険制度に対する労働者の認識不足(会社都合退職の概念が理解されておらず、多くの労働者が自己都合退職でも給付を受けられると思っている可能性がある)。
  • 失業保険制度の実施を担う担当官庁の能力不足(特に労働者は職業訓練センターが失業保険のワンストップ窓口として機能していることに困惑していた)。
  • インフォーマル経済の労働者、プラットフォーム労働者、家事労働者の社会保障の欠如。

労働者からのILOへの要請は、上記の問題についての調査を行い、能力開発の機会を提供することであった。

私は、「すでに要望された全ての研究成果物、提言、政策対話を提供してきた」と回答しました。例えば、年金の改革案、出産手当金、疾病手当金の導入に関する分析と提言を提供し、失業保険政策に関する提言ももうじき出版します。

私は、「労働者の代表がこれらの分析と提言をまず検討し、労働者の立場について議論し合意形成し、国家社会保障会議(DJSN)、国家三者委員会(LKS Tripnas)、BPJS-TK監督委員会の労働者代表を通じて、正式に政府に労働者の意見を送るよう提案しました。

Ippei Tsuruga on LinkedIn: Discussing work plans with trade unions. Worker’s concerns on social…

Building Responsibly has just wrapped up two days of in-person member meetings and its annual Stakeholder Roundtable on worker welfare in London. Discussions ranged far and wide, but reoccurring themes included #workervoice, effective #grievancemechanisms and the need for #sharedownership on worker welfare across the construction and engineering ecosystem – from investors and clients to subcontractors.

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

15 + 15 =