Surface Goはアナログへの回帰

昨年10月からSurface Goを使っていて感じるのは、アナログへの回帰。デジタル化は新しいものを生むばかりではなく、アナログ時代の産物を新しい技術に乗せるプロセスなのだろう。Surfaceペンの書き心地はよい。

日々100ページくらいのレポートにコメントする仕事が多く、印刷を止め、Surface Goで代替しています。PDFへの書き込みはEdgeが最高なのですが、保存して別のPCのAcrobat Readerで開くと書き込みが消えていることが多い。SurfaceのEdgeだと見える怪奇現象。改善すると良いですね(おそらくWindowsのバージョン互換性)。

当初はDrawboardというアプリを使って書き込みをしていました。しかし、100ページくらいのレポートになると、書き込み後のファイルサイズが40MBとなり、とてもメールで相手に送ることができなかった。

PDFをEdgeで開いてペンで書き込んだ文字をテキスト化する機能があれば、毎月3日分くらい業務効率上がる気がします。現状では書き込んだ私の汚い手書きを、Wordのコメント機能にタイプしているのが無駄な時間。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + 13 =